携帯キャリアの時代はお終いだ!月額料金が安くなる格安simに乗り換えるなら今がおすすめです。

ZenFone Zoomのスペックと詳細

2016.02.04

zenfone_zoom

ASUS JAPANから2月5日より販売される「ZenFone Zoom」
背面のカメラが非常に目立つデザインとなっています。

ジャンルとしては高級なハイスペックモデルとなっており価格は高めの設定となっています。

背面カメラは非常に高性能となっており10枚のレンズが内蔵されています。
そんなハイスペックスマホのZenFone Zoomの詳細とスペックをまとめてみました。

ZenFone Zoomの詳細スペック

メーカー ASUS
OS Android 5.0
サイズ(横×縦×厚さ) 約78.84mm×158.9mm×5~11.95mm
カメラ画素数 アウトカメラ 1300万画素 インカメラ 500万画素
画面サイズ 5.5インチ、1920×1080
ROM(ストレージ) 32GB/64GB/128GB
RAM(メモリ) 4GB
CPU(クロック周波数) 2.33GHz(32GB/64GB)/2.5GHz(128GB)
CPU(コア数) 4コア
バッテリー容量 3000mAh
価格 5万3784円(32GB)/6万0264円(64GB)/7万4304円(128GB)

ZenFone Zoomの特徴

格安スマホの代表的1台のZenFoneシリーズのハイスペックモデルとなります。

ハイスペックカメラ搭載

1300万画素、光学ズーム3倍、光学手振れ補正を搭載したハイスペックカメラを搭載しています。

このハイスペックカメラはイーグルアイと呼ばれ、HOYA製のレンズとパナソニック製センサーで作られています。

非常に薄い厚さで光学ズーム3倍レンズ搭載スマホでは世界最薄となっています。

またこのカメラは光学ズーム以外でも赤外線レーザー併用で公称0.03秒でアートフォーカスが可能とすぐにきれいな写真撮影が可能となっています。

2.33GHz、2.5GHzクアッドコアのハイスペック

ZenFone Zoomでは価格の安いモデルでも2.33GHzクアッドコアというハイスペックCPUを搭載しており、どんな場面でも快適に使用が可能です。

また上位モデルとなる128GBモデルでは2.5GHzクアッドコアという非常に性能の高いCPUを搭載しておりかなりのハイスペックスマホとなっています。

上位モデルの128GBではプレミアムレザーカバーモデル

32GB、64GBモデルでは一般的なスマホと同じようなプラスチックカバーですが、128GBモデルではレザー調のカバーとなっています。

急速バッテリー充電機能ASUS BoostMaster搭載

電池残量が0%から60%までを約39分と急速で充電可能なASUS BoostMaster搭載しています。

この急速充電機能でもし充電しわすれてしまったという場合でも短時間で充電が可能となっています。

3000mAhの大容量バッテリー搭載

同じくハイスペックスマホのiPhone6sではバッテリー容量は1,715mAhであるのに対してZenFone Zoomは3,000mAhとかなりの大容量バッテリーとなっています。

ZenFone Zoomの評判は?

ネットでの評判はあまり良くありません。
ZenFoneシリーズである、ZenFone2の方がコストパフォーマンスが高く優秀では?という意見もあります。

本体価格がもっと抑えられていればかなり良いのですがこの価格ですと他の格安スマホと比較した場合若干見劣りします。

個人的な意見といてはZenFone2の方がコスパが高く非常によいと思います。

関連記事