携帯キャリアの時代はお終いだ!月額料金が安くなる格安simに乗り換えるなら今がおすすめです。

携帯料金が高いと思ったことはありませんか。
実は、国会でも議論されている程、日本国民の生活を困らせています。

そこで、2014年より発売が開始された格安SIMに注目が集まっています。

格安SIMとは、契約している携帯会社(docomo・au・softbank)から乗り換えると、通信料金が今までより安くなります。
どれ位安いかと言うと、月額の支払いが、3分の1になったと言う人も居ます。
※通話料金が多い場合は、携帯電話会社よりも月額料金が高くなる場合も御座います。

当サイトでは、あなたに合ったおすすめのSIM業者を紹介しております。

格安SIMおすすめ業者

楽天モバイル

楽天モバイルのイメージ

楽天モバイルでは、格安SIMで初めて「5分かけ放題」サービスを開始しました。

これは、月額850円にて5分以内の国内通話で有れば何度でもかけ放題と言うサービスです。

今まで格安SIMは、データ通信料は安いけど、通話料が高いからと言われていましたが、この「5分かけ放題」サービスにより、本当の意味での格安サービスと言えますね。

また、楽天モバイルはドコモ回線を使用している為、安定した通信が期待できます。

初めて携帯会社から乗り換える方や、新規に2台目スマホを探している方に楽天モバイルは大変おすすめとなっております。

楽天モバイル おすすめ料金表

 月額料金最大受信速度データ容量
3.1GB(データSIM)900円200Mbps3.1GB/月
3.1GB(通話SIM+5分かけ放題)1,250円+850円200Mbos3.1GB/月

ドコモユーザーであれば、SIMロック解除をしなくてもMNP(乗り換え)が可能です。

DMM mobile

dmm mobileのイメージ

ネット上に沢山ある格安SIM業者ですが、どこから購入したら良いか分からない方におすすめ の業者です。

何故DMM mobileを選んだのか気になりますよね。
それは月額料金が安い事と、バースト機能がある事です。

バースト機能とは、速度制限(通信容量超過)の際に、インターネットを使用しても最初の数秒は、高速通信ができます。
その為、通信規制になったからと言って、ホームページ閲覧程度であれば、速度に支障がでる事は御座いません。
※バースト機能は、IIJmioとDMM mobileのみが行っているサービスです。

DMM mobile おすすめ料金表

 月額料金最大受信速度データ容量
高速プラン 3GB(データSIM)850円225Mbps3GB/月
高速プラン 3GB(通話SIM)1,500円225Mbos3GB/月

※LINEやSMSを利用するには通話SIMまたは、データSIM(SMS付き)を選択して下さい。

格安スマホ

ZenFone2 Laser

zenfone2のイメージ

格安スマホは、「スマートフォン+格安SIM」を購入する事です。
一般的なスマホの料金は、6万円から10万円と高いですよね。

しかし、ZenFone 2 Laserであれば、3万円以内で購入する事ができます。
機能に問題があるのでは、と思われがちですが、OSはAndroid5.0。

今人気のゲーム「白猫プロジェクト、モンスターストライク、パズドラ」が問題なく動作致します。

低価格スマホの為、始めてスマートフォンを持つ方や、2台目に持つ方、お子様に持たせるのに等、幅広い層で人気を誇っております。

なお、ZenFone2 Laserを販売してるおすすめ業者は「楽天モバイル」です。
楽天モバイルは、格安スマホの先駆けとして、2014年11月よりサービスをスタートしました。

ZenFone2 Laser 料金表

機種一括払い分割払い(24回)
ZenFone2 Laser22,800円1,026円

楽天モバイル おすすめ料金プラン

 月額料金最大受信速度データ容量
3.1GBプラン(データSIM)900円225Mbps3.1GB/月
3.1GBプラン(通話SIM)1,600円225Mbos3.1GB/月

※LINEやSMSを利用するには通話SIMまたは、データSIM(SMS付き)を選択して下さい。

店頭での購入を検討している方におすすめ

イオンモバイル

イオンモバイルのイメージ

全国に213店舗を構えているイオンでは、2016年2月に格安SIM及び格安スマホの販売に本格的に参入する事を決めました。

その為、今までは、格安SIMはインターネット上でしか購入できないものと思われがちでしたが、イオンに行けば、担当者に詳しく話を聞くことができるようになりました。

話を聞けると言う事は、格安SIMとは何か?というのが知らない人でも、自分に合ったプランがどれかわからない人でも、担当者が親切丁寧に教えてくれます。

なお、2016年2月26日より、大きく料金体系が変わる予定になっており、殆んどインターネットを使わない人には、500MBプランや、大量の動画を視聴する方には50GBプランの販売も開始いたします。

また、解約金は0円となっており、2年縛りなど一切ありませんので、イオンモバイルの料金が高いと思って他の格安SIM業者に変更するのも問題御座いません。

但し、全国での店頭で販売している業者は数少ないので、格安SIMに詳しくない人は、イオンモバイルがおすすめとなっております。

ドコモのキッズ携帯の料金は?安全なキッズ携帯のおすすめは?

2016.06.19

docomo-kids

ドコモから販売されているキッズ携帯は、本当に良いのでしょうか。徹底調査しました。 月額料金について ドコモのキッズ携帯の料金はsoftbankやauと比較すると少し高く感じます。 実際に、ドコモの料金表を見てみましょう! ド…

詳細を見る

GMOとくとくBB SIMの評判とおすすめ料金プラン

gmotokutokubb

GMOインターネット株式会社が提供する格安SIMのとくとくBB SIM GMOは格安SIMの他にもWiMAXやレンタルサーバーなども提供しておりインターネットに強い大手通信企業となっています。 大きな特徴として通話はできませんが…

詳細を見る

楽天モバイルの評判とおすすめ料金プラン

楽天グループのフュージョン・コミュニケーションズが運営する通信サービス。 特徴的なのが楽天ポイントがたくさんもらえるキャンペーンをやっているという事です。 楽天市場を良く利用される方だと非常にお得です。 また、月額料金も安く他の格安S…

詳細を見る

YAMADA SIMは本当におすすめなのか

yamada_sim

ヤマダ電機がMVNOと提携して販売しているYAMADA SIM YAMADA SIMを契約するメリット・デメリット、評判をまとめてみました。 YAMADA SIMのプラン 契約プランはすべてU-mobileと同じプランとなっています。…

詳細を見る

格安SIMはSIMロック解除が必要不可欠?

2016.03.01

sim_rock_kaijo

月々の携帯料金を抑えたいから格安SIMを契約したい。 けど、SIMロック解除とかわからない。 上記の理由で、仕方がなく携帯キャリア(docomo・au・softbank)と契約し続けていませんか。 当サイトに来て頂いたからには、携…

詳細を見る

格安SIMのメリット

2016.02.16

merit_icatch

格安SIMとは 格安SIMのSIMとは、携帯電話(スマートフォン)に挿入されているSIMカード(ICチップ)の事です。 SIMカードがあれば、電話やインターネットが利用する事が出来ます。 なお、格安SIMとは、その名の通り「キャリ…

詳細を見る

通信制限の残りの通信量の確認方法(docomo・au・softbank)

2016.02.16

tsuushin-seigen

最近のスマホではほぼ1ヶ月に利用可能な通信できる量が決まっています。 テザリングや出先で動画をみた場合などは通信制限までの残りの容量が気になります。 ここではdocomo・au・softbankでの通信制限の残りの通信量の確認方法を…

詳細を見る

通話するならガラケーと格安SIMの組み合わせがお得

2016.02.04

garake-kakuyasusim

長電話を良くする、10分以上の通話をしたいという方は おもいきって格安SIM+格安スマホとガラケーという組み合わせがお得です。 格安スマホデータSIM3GBプラン月額900円 キャリアのガラケー国内通話し放題プラン…

詳細を見る

ZenFone Zoomのスペックと詳細

2016.02.04

zenfone_zoom

ASUS JAPANから2月5日より販売される「ZenFone Zoom」 背面のカメラが非常に目立つデザインとなっています。 ジャンルとしては高級なハイスペックモデルとなっており価格は高めの設定となっています。 背面カメラは…

詳細を見る

データSIMでもSMSをつけたほうがいい6つの理由

2016.02.02

data-sim

格安SIMを契約するのに選ぶことが可能となるSMS機能 MVNOサービス開始当初は使用でいないものも多数ありましたが現在はほとんどのMVNOで利用が可能となっています。 そんなSMSですが一体どのようなことに使用するのでしょうか? …

詳細を見る